「零戦をつくる 003 」 ピンバイスで穴あけ作業

「零戦をつくる 003」 のおもな作業は、ピンバイスで主桁と大骨に
穴をあけること。

こういう作業は嫌いじゃないけど、はじめてピンバイスを使う人や、
お年寄りの方などは、結構苦労するんだろうな、こんなところで
挫折しなければいいけど・・・・などと余計なお世話の独り言。

説明書に「ピンバイスの使い方」が載っているけどドリルの歯が
ちょっと出し過ぎ。あんなに長いと、フラフラして、途中でポキン
と、折れるおそれ大。

ドリルの歯はせいぜい、1センチぐらい出しておけば十分。
画像















0.7ミリの穴を34ヵ所、1.0ミリの穴を10ヵ所あけます。所要時間は2時間ぐらい?
穴をあけた後は、裏側にバリができるので、きれいに取り除きます。
画像















次は主桁にマイクロビスを使って大骨を取り付ける作業。

ビスはあるけどナットがない!!
説明書をよく見ると先ほどあけた0.7ミリの穴をナットの代わりにするらしい。

なんとも危うい取り付け方法ですな。ドライバーで強く締め付けるとネジ穴が
バカになるのは必定。ほどほどの締め具合が要求されそう。

テキストには、
「きつく締め、しっかり固定しよう」
と、あるけど、大丈夫かな?

ところで、ボウフラの子供みたいな「マイクロビス」

取扱いに苦労しそう。ピンセットで挟んでもピョーンとどっかへ
飛んでいきそう。飛んで行ったが最後、絶対に見つからない。

付属のドライバーを磁石付きにすれば、ドライバーにビスがくっついて
くれて、無くなる心配はありません。

写真のように、ドライバーの先端近くに小型の強力磁石をくっつけると、
インスタントの磁石ドライバーになります。画像















ドライバーを下に向けても、ビスは落ちません。
画像














土日の二日間で1号~3号まで作り終えました。
画像














今回お世話になった道具等です。
画像














このあと、4号、5号が到着するまでの2週間、やることがなくなっちゃいました。
仕方ないので。プロペラユニットでもバラして、磨きなおそうかな?


ボンパパの製作日記、今後も続きます・・・・(たぶん)






"「零戦をつくる 003 」 ピンバイスで穴あけ作業" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント