パイロット用人形の複製・軽量化 その2


パイロット用人形の複製・軽量化 その1
からの続きです。

簡易型取り用具「型取りくん」で複製用の型をつくったところです。
画像















複製する人形の重さにこだわらないのであれば、この型にエポキシ系の
樹脂やらパテなどを流し込んで固まるのを待てば良いのですが、それでは
まったく軽量化になりません。

そこで登場するが「超軽量紙粘土」です。昔は東急ハンズで売っていたものを
使っておりましたが、最近では100円ショップでも同様のものが売られており
まして、品質に差は全く感じません。

この紙粘土、とても柔らかくて加工が楽。作業するのに硬いと感じた時には
少量の水を加えると柔らかくなって作業が楽になります。
そして、乾燥すると軽くて強度のある作品に仕上がります。
画像















この紙粘土を先ほどの型の中に「ギュウギュウ」と押し込んでいきます。
この時、紙粘土が型の内側の隅々にまで行きわたり、隙間ができない
ように押し込むことが大事です。

粘土が硬いと型の隅々まで粘土が行きわたらないことがありますので
その場合は多少水分を含ませると良いと思います。

型の上、下に粘土を詰め込みました。
画像















型の上と下を張り合わせますが、上の粘土と下の粘土の張り合わせ面が
張り合わせ後一体となるように、粘土の表面に水を筆でサッと塗っておき
ます。

粘土を詰め込んで、上と下とを張り合わせ、輪ゴムで固定したところです。
画像















ここからが、ノウハウ中のノウハウです。上の写真のように上下の型を
張り合わせただけでは、型の中の紙粘土は密閉されているため、いつまで
待っても乾燥しません。

かと言って、このまま型を開けてしまえば、中の粘土は柔らかいままのため
固形物として取り出すことができません。

では、どうするか?

ジャーン!! 冷凍庫に入れて中身を固めてしまうのです。

なーんだ、そんなこと? と、言われそうですが、私、この方法を夢の中で
見つけました。

軽量素材としては「軽量紙粘土」があるのに型の中から、どうしても上手く
取り出すことができない。どうしたら「軽量紙粘土」を型の中からきれいに
取り出すことができるのか、ずーっと悩んでおりました。

そんなある日、夢の中で
「冷凍庫に入れて紙粘土を固めれば硬いまま取り出すことができるのでは?」
と、お告げがありました。

さっそく試しても見たら、なんと「大成功!!」

普通なら、製法は企業秘密にしておくべきところ、どうしても黙っていること
ができず、仲間にぜーんぶ教えてしまいました。

製法を教えた仲間から感謝の言葉をいただいたのは言うまでもありません。

この、冷凍庫で固める方法、安易・安価なため、色々な応用がきくと思い
ますので、ぜひ、お試しを・・・・

一晩冷凍庫に入れ、固まったものを型から取り出したところです。
画像














画像














冷凍庫から取り出した瞬間は、まさに氷のように硬いのですが、時間が
経つとだんだん柔らかくなってきます。

アイスクリームのように溶け出すことはありませんがこの状態で加工は
柔らかすぎて出来ません。

ここからがノウハウの2つ目

上手に取り出せた紙粘土の人形を扇風機、あるいはエアコンの吹き出し口に
30分ほどさらしておきます。

そうすると、人形の表面は乾燥して硬く、内側は柔らかいまま、まさに
「モナカのアイスクリーム」状態
になっております。

この状態で重量は約1グラム。
画像
















あとは、柔らかい状態の中身をほじくり出します。ほじくり出す道具といえば
もちろん「耳かき」です。
画像














ひたすら、ほじほじします。人形の頭の部分をほじほじするときは、
人形に向かって、思わず「ごめんね」とつぶやいてしまいます。
画像














バリをとり、表面の凸凹が気になる場合は、面相筆に水をつけて、
表面を滑らかにしてあげましょう。
画像














画像















中味をほじほじした後の重量は、0.13グラム。
目標の0.1グラムをちょっとオーバーしてしまいましたが・・・・
画像















簡易型取り用具の「型取りくん」と100円ショップの「軽量紙粘土」
でここまでできます。

どうぞ、お試しください。






















この記事へのコメント

多摩NTの住人
2010年07月13日 08:21
こんにちは。
楽しいご趣味をお持ちですね。私は身体が動くうちは、外での活動(植物観察とジョギング)をメインにして、引退後は、子供の頃の趣味だった鉄道模型にチャレンジしようと思っていますよ。
ボンパパ
2010年07月21日 14:43
多摩NTの住人さん、ようこそ。

長期間、不在にしておりまして、お越しいただいていたことに気付きませんでした。失礼いたしました。

この模型飛行機は、本来、アウトドアで飛ばすものでして、元気なころは飛行機を追いかけて野原を走り回り、木の枝に引っ掛かれば木登りもスイスイだったのですが、最近は体力がめっきり落ちてしまいまして・・・

この夏に名古屋で大会があるのですが、暑さに負けてぶっ倒れるのではと、いまから心配をしております。



NBM佐々機
2011年05月29日 13:58
素晴らしいアイデアですね。参考になりました。ありがとうございます!
通りすがりの名無し
2012年03月28日 01:02
主凄い!
これは頭いい!
冷凍庫とは!

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: パイロット用人形の複製・軽量化 その2 ボンパパの製作日記/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-05 16:18