零戦をつくる 007号

零戦をつくる 007号です。

今回の付属品は以下の通りです。部品にスピナーが入っていて、
ちょっと嬉しいですね。
画像















最初の作業は、例によって小骨の不要部分の切り離し作業。
今回の小骨は8番です。
画像















小骨の1番~8番と12番を仮組しています。
画像















続いて、今回付属のコンロッドケースのバリ取りです。

これまで、メタルパーツにはほとんどパリはありませんでしたが、
今回のコンロッドケースには結構パリがついておりました。
注意が必要です。
画像















続いて、ピンバイスによる穴あけ作業です。

穴をあける対象の部品は004号で貼り合わせた、コンロッドケースと
クランクケースの組み合わせ部品です。穴は全部で14ヶ所

説明写真を一瞬見ただけですと、いま、バリ取りをしたコンロッドケースに
穴をあけるのかなと、錯覚をしてしまいそうです。

もちろん、写真をよ~く見れば、違いに気づきますが、説明書には、
「004号で貼り合わせたコンロッドケースとクランクケースの組み合わせ
部品に穴をあける」
と明記するべきでしょうね。

私なんか、今号のコンロッドケースに穴あけ用のガイドの印が付いていな
かったので
「あれっ? どこに穴をあけるのかな?」
ということで、違いに気づいたわけでして・・・

ところで、004号が終わった段階でできる作業をなぜ、わざわざ007号
でさせるのでしょうか? ちょっと疑問・・・


今回の穴あけ作業は、1ミリφのドリルで厚さ2ミリの部品に深さ1.5ミリの
穴をあけるというものです。

うっかりグリグリし過ぎると、貫通してしまいますので、ちょとした工夫
が必用です。

説明書には、ドリルの先端から1.5ミリのところにマスキングテープを貼って
マスキングテープの位置まで穴をあければ1.5ミリの深さの穴があけられる
と書かれています。

それも一つの方法ですが、マスキングテープがずれる恐れがあってちょっと
いやですね。

それに、今回の説明写真でも、ドリルの歯が出すぎです。ドリルが1ミリφで
相手のメタルパーツが柔らかいので、そう折れることはないと思いますが、
以前の、0.7ミリドリルでは、結構折っていた人がいましたね。

ドリルの歯を折らずに、穴を貫通させない
一番安全な方法は、ドリルの歯を1.5ミリ以上出さないことです。

しかしながら、1.5ミリの歯を出して、1.5ミリの深さの穴をあけるということは、
最後の方では、ドリルのチャックの部分と部品がギリギリとこすれあうこと
になりますので、実際は1.8ミリほど出して余裕を持って作業を終了するように
しました。
画像














はい、ちゃんと1.5ミリの深さの穴があきました。
画像















なお、クランクケースの一部に突起があって、この部分にチャックが
当たってしまうのでドリルの歯を1.8ミリ出しただけでは、穴があけられ
ませんので、突起の両側の2つの穴をあけるときは、ドリルの歯の
長さを4ミリにしました。
画像















これで、深さ1.5ミリの穴があけられます。
画像















今回でシリンダーヘッドが7個そろうため、エンジン前方の7気筒が
完成します。

着色バージョンを選択する場合はここで、シリンダーヘッドを焼鉄色で
着色するよう指示されています。

私の場合、どのバージョンにするかをまだ決めていませんので
ここで着色するのは保留としました。

あわてて塗装をして、後悔したくありませんし、将来、プロペラを
モーターで回すことも考えておりますので、エンジンの全体像が
見えてきたときに、着色を検討しようと思っています。

一応、7気筒がそろいました。
画像















画像















スピナーは、とりあえず載せるだけです。今後の組み立てで外す
ことがあるとのことてす。

スピナーは、磨いていません。暇なときにゆっくり磨く予定です。
画像















ところで、今号に
「接着剤はノズルがあると便利」
との囲み記事がありました。

私が前からずっ~と書いていたことなのですが、
「もっと早ように書かんかい!!
の気分です。


今後も、こうすれば便利等、気づいたことについて、どんどん書いていこうと
思っています。

それにしても、アップするのに時間がかかりすぎてたまりません。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

テン
2009年10月12日 13:23
私のブログへの訪問ありがとうございました。
「零戦を作る」は興味があったんですけど、絶対
自分の性格では無理だと思いました。
これは、「フェラーリを作る」、「大和を作る(無かったかな?)」の時もそう思いました。

性格改造が必要ですね。
完成を楽しみにしながら時々拝見させていただきます。
milura
2009年10月13日 01:14
はじめまして。
ドライバーへの着磁のアイデア、パクらせていただきました^^
おかげで、大骨の組み立てを難なくクリアすることができました。
ありがとうございましta.

7号の発売はこちらではまだです。
コンロッドケースへの穴あけとは、思いもしない工作があったのですね。
ここにコネクタでもつけて、ケーブルをパイピングするのでしょうか。
楽しみです^^
2009年10月13日 13:21
テンさん、ようこそ!!

コメント、ありがとうございました。

私は、「大和」は置き場所がない、「フェラリー」
は、もともと興味が無いので、手を出しませんでし
たが、「零戦」は、待ってましたとばかりに、速攻
で購入しました。

今のところ、継続はできるものと確信しております。

>性格改造が必要ですね

そんなことは無いと思いますよ。定期購読にすれば
いやでも作らざるを得ませんので・・・

結構、楽しいですよ。

>完成を楽しみにしながら時々拝見させていただきます

ありがとうございます。
お待ちしております。(*^_^*)
2009年10月13日 13:33
miluraさん、こんにちは。

ミルラさんと、お呼びすればよろしいのでしょうか?

コメントありがとうございました。

>ドライバーへの着磁のアイデア、パクらせていただきました^^

お役に立てて、光栄です。昔から、模型作りが趣味ですので、小道具や精密部品を集めるのが好きでして・・・

瞬間用のノズルもお忘れなく

>コンロッドケースへの穴あけとは、思いもしない工作があったのですね

はい。でも、この作業は004号が終了したところで、できる作業でした。デアコさんも、100号まで引っ張るために苦労しているのでしょうね。

>ここにコネクタでもつけて、ケーブルをパイピングするのでしょうか

多分そうだと思います。そのうち、ピニールのパイプとか、ピアノ線だとかが、付いてくると思います。

また、時々、遊びに来てください。

ところでmiluraさんは、ブログはやっていないのですか?やっていたら、アドレスを教えてください。
遊びに行きますので・・・(*^_^*)
2009年10月13日 13:54
miluraさん、

失礼いたしました。m(__)m

miluraさんって、杉さんのお友達で、いつも杉さんにコメントをされている方だったのですね。

ブログ、見させていただきました。

零戦の写真、良いですね。その前に立っている女の子も・・・

ちょくちょく遊びに行きますね。私の好きな写真もけっこうありそうだし・・・
(*^_^*)
takubon
2009年10月13日 19:34
ボンパパさん今日は。
ググってググって、やっとたどり着きました。
また遊びにきます。
2009年10月13日 19:50
タクボンさん、

ウーム、とうとう、見つかってしまいましたか。

仕事もせず、ググってたんですね。お疲れさん。

>また遊びにきます

もう、来んでよろしい。
milura
2009年10月13日 19:53
ボンパパさん、こんにちわ^^
こちらのブログでは、URLをつける方法がわからず、つけないでしまいました。
ニックネームの読み方は、ミゥラとお読みください^^
>瞬間用のノズルもお忘れなく
このノズルのアイデアも、良いですよね^^
そのうち、こちらもパクらせていただきます。

ボンパパさんも、模型趣味の方だったのですね。
折に触れて、他の模型なども見せていただけると嬉しいです。
よっちゃんパパ
2009年10月20日 00:01
ボンパパさん>
私はこれからクランクケースに穴あけをするので
ボンパパさんの技を参考にさせてもらいますね。

Yahoo!の私のブログには「お気に入りブログ」を
登録する機能がありまして「ボンパパの製作日記」を
リンクさせていただきました。
何とぞご了承よろしくお願いいます。
2009年10月20日 23:57
よっちゃんパパさん、今晩は。

コメント、ありがとうございました。

>ボンパパさんの技を参考にさせてもらいますね

参考にしていただいて、光栄です。あの方法なら、貫通することはありませんから、安心してグリグリしてください。

>リンクさせていただきました

ありがとうございます。
今後も、多少なりともお役に立てる情報を提供させていただければと思っています。

この記事へのトラックバック