零戦をつくる 005号

「零戦をつくる」も005号となりました。

005号は9月28日の月曜日には到着していたのですが、一応
仕事がありましたので、週末まで「お預け」でした。

「零戦をつくる」を機会にこの9月からブログを始め、この間
「零戦をつくる」関連のいろいろなブログを拝見させていただき、
大いに参考にさせていただいております。

また、私のブログを見ていただいて、多少なりとも参考にして
いただければとも思っています。

本題に戻って、005号はというと、

シリンダーヘッドが2組

小骨の5番が1個

フレーム補強のアルミパイプが1本

おまけの平ペンチ


「え~、これだけ?」
ってな感じです。1時間もあれば終わってしまいそう。

でも、ブログ掲載用の写真を撮ったりしていると、けっこう
時間がとられますね。

5番の小骨から、不要部位を切り離し、小骨の切取り部分を
一応、ヤスリます。小骨には、油性マーカーの極細で番号を
記入しておきます。

説明書ではマスキングテープを貼るように書いていますが、
これだと、後から剥がすのが手間だと思います。

油性マーカーなら、プラカラー用のシンナーを綿棒の先に
つけて拭けば、すぐに消えます。
画像














次の作業はアルミパイプを使って、補強用のフレームを再現?

瞬間接着剤でチョコッとくっつけるだけなので、まさに再現するだけで
補強にはなってはいないけど、もともと飾りですものね・・・・

画像
















ところで、説明書では
「瞬間接着剤を竹串の先などに適量取って少量付ける」
とありますが、これもいかがなものしょう?

私は、極細ノズルを使っています。

手前は瞬間接着剤にもともと付属していたもの。
2番目3番目は、大昔、銀座の伊東屋で1本5円で売っていたもの。
向こう側の2本はノイズレスパイプを火であぶってからビヨーンと
引っ張って自作したものです。

手前の瞬間接着剤に付いてきたのは、ノズルがちょっと太いので、
極少量には、不向きです。

伊東屋で買ったやつと自作のノズルは瞬間接着剤を本当に少量だけ
付けるときには大変重宝
しています。
ノイズレスパイプはラジコン模型屋にいろいろな太さのものがありますので、
自分の使っている瞬間接着剤の先っぽが入る太さのものを選んでください。
画像















これだと、つけすぎる心配はありません。
画像














こんな感じになりました
画像














シリンダー2組は、接着面を一応やすってから、瞬間接着剤
で貼り合わせます。

これも、先ほどの極細ノズルを使って、接着面の数か所に、
点、点、点、点・・・・と接着剤を軽く載せる感じです。

シリンダー、まだ 3個目。先は長いなあ。
画像














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック