零戦をつくる 003号 をこれから作る方へ

マグネット付きドライバーのおすすめ

前回も書いたのですが、これから「零戦をつくる」の003号を
手がける方に、よけいなお世話のアドバイスを・・・

当方、定期購読の恩恵?で、一足早く 003号を作り終えました。

作ってみて思ったのは、きっと多くの方が、マイクロビスの取り扱いに
苦労するだろうということです。

当方、昔からこうしたマイクロビスには散々悩まされてきましたので、
ためらうことなく

マグネット付きドライバー

を使います。作業効率が全く違います。

暇なので、小骨の端材2枚を利用して穴あけ、ビス止めの練習を・・・
一枚には1.0ミリ、もう一枚には0.7ミリの穴をあけて2枚を張り合わせて
みます。

マグネット付きドライバー
を使わないと、まず無理・・・

マイクロビスは小さいので指でつかめません。

ピンセットでつまむ?

ピンセットはどちらの手で持ちますか?

右利きの人は、ドライバーを右手に持つでしょうから、ピンセットは
左手でしょうね。

左手のピンセットでようやくつまんだマイクロビスを1ミリの穴の上まで
持って行って差し込む・・・・

はずがピンセットの先がふらふらしてうまくいかない。右手のドライバーで
ネジの頭を保持しながら、穴までもっていってなんとかネジの先っちょが
穴に入ったとしても、ネジが垂直に入ったかどうかの確認が難しい。

そうこうしてするうちに、2枚の板がずれてビスが穴からポロリ・・・・

手が、もう一本あるとなんとかなりそうだけど。(猫の手でも借りる?)

こんなことを何度か繰り返すうちに、ピンセットの先からビスがピョーンと
飛んで行って床に落ちたが最後、見つけるのは無理でしょうなぁ。

こんな苦労を何度となくしておりましたので、

マグネット付きドライバー

の存在を知った日には神様、仏様、マグネット付きドライバー様・・・でしたね。

もう、本当に楽。

右手のドライバーの先っちょにはちゃんとマイクロビスがくっついてくれています
から、左手で2枚の板を持って穴の位置を重ね合わせ、穴に垂直に入るように
ビスの先端を持って行けばよいだけですから。

マグネット付きドライバーは、
市販されていますが、わざわざ買わなくても、応急で作れます。

付属のドライバーに小型の強力磁石をくっつければそれでOK。

磁石がない人は? うーむ、そういう時は、ドライバーの先っちょにチョコっと糊とか
ツ○゛とか付けて、ビスをドライバーにとにかくくっつける努力をしましょう。

今回は、手抜きで、写真がないけど、前回の記事にピンボケだけど一応写真が
あるので、そちらを見てください。

それから、ネジはギュウギュウに締めてはダメです。

ちょっと固くしまったかな? ぐらいで止めないと、それ以上やると、ネジ山がバカ
になって、あとはクルクル回るだけになってしまいます。

緩そうで心配な人は、最後の最後の工程で、瞬間接着剤を極細ノズルで
たらせば良いと思います。

マグネットドライバー?

「そんなのは常識でい」という方には、失礼いたしました。

万が一知らない方がいたら、お気の毒と思い、余計なお世話をさせていただき
ました。

挫折する人が少しでも増えないようにと願います・・・・

ボンパパ でした。

(早く「零戦をつくる」の004号、005号が来ないかな・・・)




この記事へのコメント

杉さん
2009年09月20日 06:55
零戦をつくる 003号 をこれから作る方へのアドバイス、大変参考になりました。
お陰様で、マグネット付きドライバーが大活躍してくれました。
ボンパパ
2009年09月20日 19:16
杉さん、コメントありがとうございます。

少しはお役にてたようで、よかったてす。

残り196号? お互い挫折することなく頑張りましょう。(考えてみたら完成させて飾る場所がないんだけれど・・・)
シュタインメッツ
2009年09月21日 09:15
おはようございます。
並びに初めまして。
この度は当方のブログにお越し頂き、有り難うございます。

マグネット付きドライバー、、、
確かにそうですね。全然頭にありませんでした。
私がやった時は、マイクロネジ自体の重量が軽いので、精密ドライバーの先端に唾を付けてやってました。
ちょっと汚いけど、、、

製作記事も大変参考になります。
ちょくちょく見に来ますので、今後ともよろしくお願い致します。

それではまた!
ボンパパ
2009年09月21日 12:54
シュタインメッツさん、
コメントありがとうございます。

そうですね、マイクロビス自体が軽いから唾でも
くっついてくれると思うけど、いったんポロリと
なったら探すの大変ですよね。

当方、定期購読なもので、2週間に1度の入手になる
のでアップもそのペースになりますが、たまには
のぞきにきてください。

この記事へのトラックバック